爪水虫(爪白癬)

爪水虫とは?爪白癬の薬と治療について

「水虫」と「爪水虫」の大きな違い

水虫は発生する場所によって名称が変わります。

足に白癬菌が住み着けば「水虫」と呼ばれますが、頭に白癬菌が住み着いたときは「シラクモ」、股の周辺ならば「インキンタムシ」と呼ばれます。自分では「水虫ではない」と思っていても、実は白癬菌に侵されていることがあるかもしれません。

さて、「爪水虫」ですが、これは名前の通り「水虫が爪に発症したもの」です。白癬菌が原因というのは他と変わりありませんが、症状や治療法が他の水虫とは大きく異なる部分があります。

また、代表的な違いの1つに「痒み」があります。足の裏や指の間の水虫に比べて爪水虫には痒みがありません。痒みがないせいで発見が遅れたり、「大したことではない」と放っておいてしまうことがよくあります。

なお、爪水虫は市販の薬を爪に塗ってもそう簡単に治る病気ではありません。

当サイトでは、爪水虫の症状・原因から、治療法やおすすめの薬について解説させていただきます。じっくり読んで、やっかいな爪水虫の治療を成功させましょう。

合わせて読みたい
  •  

売れ筋ランキング

1位

ダブル対策お買い得セット
2位

Dr. G’sクリアネイル
3位

爪水虫完治セット

基礎知識